医療の広場 TeNYテレビ新潟
トップページ 施設の検索 医療の最前線 イベント情報 求人情報 救急診療施設 施設の皆さまへ

健康クイズ当選者発表

●11月のクイズ 答えと当選者

新潟県立がんセンター新潟病院 整形外科部長 畠野宏史 先生 からの出題でした。

問題
運動器の障害「ロコモ」と悪性腫瘍の「がん」。関わりが無いように思われますがとても深い関係があります。その要因として間違っているのは次のうちどれでしょう?
  1. ロコモになると必ず内臓にがんを発症するため。
  2. がんが骨に転移すると、痛みや骨折を伴い運動器を動かせなくなるため。
  3. 手術や抗ガン剤などの治療によって、体力・筋力が低下するため。
問題

答え 「A」

 

解 説

がんになると、治療に伴う運動器障害や、がん自体による直接的な運動器障害をおこすことがあります。中高齢のがん患者が増えていることもあり、がんによる運動器障害に目を向け、運動機能の維持を目指そうというコンセプトで今、「がんロコモ」が注目されてきています。
がんになったら、がんを治すことだけではなく、活動性の維持のためにがんロコモの防止も考えて、適度な運動を継続することが大切です。主治医・看護師など医療機関スタッフとよく相談し、運動器の機能維持、生活の質も維持できるよう努めましょう。

 

当選者

TeNY医療の広場特製QUOカード(1,000円分)を以下5名様にお送りいたします。
・佐藤 トシ様(新潟市北区)
・辻 富士子様(新潟市江南区)
・丸山 恭子様(新潟市中央区)
・関谷 桂子様(五泉市)
・勝間田 礼子様(刈羽郡)


今月の「健康クイズ」も振るって応募ください!