医療の広場 TeNYテレビ新潟
トップページ 施設の検索 医療の最前線 イベント情報 救急診療施設 施設の皆さまへ

健康クイズ当選者発表

●5月のクイズ 答えと当選者

新潟大学医歯学総合病院 産科婦人科 吉田 香織 先生
リンクはこちらhttps://www.nuh.niigata-u.ac.jp/ からの出題でした。

問題
妊娠糖尿病は全妊婦さんの12%にみられ、母体にも胎児にも影響するため注意が必要です。さて、この妊娠糖尿病に関する記述のうち間違っているものは次のうちどれでしょう?
  1. 20歳代前半での妊娠、今まで低血糖だった人は妊娠糖尿病になりやすい。
  2. 妊娠糖尿病になると、流産・早産、先天異常や巨大児など様々な併発症を引き起こす。
  3. 妊娠糖尿病になると出産後も糖尿病になりやすく、次回妊娠時も妊娠糖尿病になりやすい為、出産後も経過観察が必要。
問題

答え 「A」

 

解 説

妊娠中の高血糖は、流産・早産、胎児の先天異常や巨大児など、母体のみでなく胎児にも影響を及ぼします。特に肥満、糖尿病の家族歴、巨大児分娩の既往、妊娠糖尿病の既往、35歳以上の高齢出産、多胎妊娠などの人は妊娠糖尿病になりやすいため、気をつけた方が良いとされています。
 妊娠糖尿病になった方は、医師の指導のもとしっかりと血糖コントロールすることが大切ですし、出産後も糖尿病になりやすい為、定期的な観察が重要です。
妊娠・出産を希望される方はいま一度、食事や運動などのライフスタイルに気を配り、健やかな生活を心がけましょう。

 

当選者

TeNY医療の広場特製QUOカード(1,000円分)を以下5名様にお送りいたします。
・岡田 眞理香様(新潟市西区)
・中野 勝昭様(新潟市北区)
・佐藤 亜美様(長岡市)
・竹田 敏彦様(妙高市)
・岩崎 美千子様(新潟市中央区)


今月の「健康クイズ」も振るって応募ください!